レオネットポイント利用約款

本約款は、株式会社レオパレス21(以下、「当社」といいます。)が提供する前払式支払手段であるレオネットポイントに関して規定するものです。
利用者がレオネットポイントを使用する場合には本約款が適用されます。
利用者は、本約款を遵守してください。

第1条(定義)

本約款における用語の定義は、次のとおりとします。

  • レオネットポイント
    当社が販売する前払式支払手段をいいます。利用者は、レオネットポイントを購入することで、当社が提供するレオネットサービスにおいて、決済サービスで使用するサーバー内に記録しているポイント数の範囲内で決済サービスを受けることができます。
  • 決済サービス利用者が、当社が提供するレオネットサービスの代金に関し、レオネットポイントで決済する場合に当社が提供する決済サービスをいいます。
  • レオネットサービス「レオネット利用規約」に定義される当社が利用者に提供するサービスをいいます。
  • LEONET IDとパスワードレオネットポイントを利用して決済サービスを行う場合に必要となる、レオネットサービスの利用者に付与されるユーザーIDとパスワードをいいます。
  • 利用者レオネットポイントを利用するお客様をいいます。

第2条(レオネットポイントの購入)

利用者は、当社の営業店舗、レオネットテレビ画面において、レオネットポイントを購入することができます。

第3条(レオネットポイント残高の確認)

レオネットポイントは、以下のいずれかを確認することで把握することができます。

  • (1) レオネットテレビ画面
  • (2) レオネットのホームページ上にあるマイページ

第4条(レオネットポイントの利用)

  • 1.利用者は、当社がウェブサイト等で説明している使用方法に従って、レオネットサービスで販売している商品、サービスの購入のためにレオネットポイントを利用することができます。
  • 2.レオネットサービスでのポイント利用に関する詳細は、「レオネット利用規約」によるものとします。

第5条(レオネットポイントの有効期限)

  • 1.レオネットポイントは、LEONET ID、パスワードが有効である限り使用できるものとし、LEONET IDとパスワードは物件の退去後90日間継続して利用がない場合において無効となります。法人名義で契約している物件において、当社所定の入居者変更手続を行ったときは、新たにLEONET ID、パスワードが発行されるものとし、変更後の入居者が引き続きレオネットポイントを使用できるものではありません。
  • 2.前項のLEONET ID、パスワードが消去された時点で未使用のレオネットポイントは失効するものとします。
  • 3.前2項に関わらず、LEONET利用規約第10条2項に該当する場合は、当該条項の規定が適用されるものとします。

第6条(払戻し、再発行、換金)

  • 1.当社は、法令で義務付けられている場合、または法令で認められている場合を除き、レオネットポイントの払戻し、換金は行いません。
  • 2.当社は、レオネットポイントの盗難(LEONET ID、またはパスワードの情報流出を含む。)その他の理由で紛失した場合、レオネットポイントの再発行は行いません。

第7条(利用者の管理義務)

  • 1.利用者は、レオネットポイントを使用する上で必要となるLEONET ID、パスワードが、第三者に利用されることのないよう、善良なる管理者の注意義務をもって管理しなければなりません。
  • 2.利用者が前項に違反した場合、当社は、利用者または第三者に発生した一切の損害、不利益について何ら責任を負いません。

第8条(禁止事項)

利用者は以下の行為を行ってはいけません。

  • (1) レオネットポイントの残高データ等、レオネットポイントの関わるデータを改ざんすること
  • (2) 第三者が保有するレオネットポイントのLEONET IDとパスワードを使用して、決済サービスを使用すること
  • (3) レオネットポイントを第三者に譲渡すること(第5条第1項但書に該当する場合を除く)
  • (4) 利用者に発生する権利、義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、あるいは貸与、売買、名義変更、質権の設定その他担保に供すること
  • (5) レオネットポイントの販売について、当社の許諾を得ていない法人または個人からレオネットポイントを購入すること
  • (6) レオネットポイントを本約款で規定された以外の目的で使用すること
  • (7) 利用者が、本人以外の銀行口座またはクレジットカードを使用してレオネットポイントを購入すること
  • (8) 当社または第三者の権利または法律上の利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為をすること
  • (9) 当社またはレオネットポイントの信用、名誉を毀損する行為、またはそのおそれのある行為をすること
  • (10) 犯罪行為またはそのおそれのある行為をすること
  • (11) 公序良俗に反する行為またはそのおそれのある行為をすること
  • (12) 本規約または法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為をすること
  • (13) その他、利用者による適正なレオネットポイントの利用を妨げる行為をすること

第9条(決済サービスの利用停止)

  • 1.当社は、本約款第8条に違反する行為が確認された場合、またはそのおそれのあることを確認した場合、利用者による決済サービスの利用を停止し、レオネットポイントの残高をゼロにすることができるものとします。
  • 2.前項の場合、当社は、利用者または第三者に発生した一切の損害、不利益について何ら責任を負いません。

第10条(決済サービスの中断)

  • 1.当社は、以下の場合、決済サービスを中断することがあります。
    • (1) 決済サービスの提供に必要な設備の保守点検を定期的または緊急に行う場合
    • (2) 決済サービスの提供に必要な設備に故障等が生じた場合
    • (3) 停電、火災、地震、労働争議またはその他の不可抗力により決済サービスの提供が困難な場合
    • (4) その他、決済サービスの運用上または技術上の相当な理由がある場合
  • 2.前項の場合、当社は、利用者または第三者に発生した一切の損害、不利益について何ら責任を負担いたしません。

第11条(決済サービスの終了)

  • 1.当社は、利用者に対して3ヶ月以上の予告期間を設けて通知した上で、決済サービスを終了することができるものとします。
  • 2.前項の場合、当社は利用者または第三者に発生した一切の損害、不利益について何ら責任を負担しません。

第12条(損害賠償、免責)

当社は、利用者に対し、当社の責めに帰すべき事由により、直接の結果として利用者が現実に被った通常の損害に限り、損害賠償義務を負担するものとし、特別損害、間接損害、逸失利益は負担しないものとします。但し、当社の重過失による損害の場合は、民法の規定によるものとします。

第13条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本法が適用されます。

第14条(合意管轄)

本規約に関する紛争が生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条(約款の変更)

本約款の改定は「LEONET利用規約」の規定によるものとします。

制定 平成28年7月1日
改定 平成30年3月8日

サポートメニュー

ページトップへ